資源地質学会は 資源地質に関する学問 及び技術の進歩と発展に 貢献することを目的に 設立された学会です
新着情報
出版情報

資源地質学会では、学会創立50周年記念「資源環境地質学 -地球史と環境汚染を読む-」 (2003) を販売しております。(会員価格:1冊4,000円、非会員:1冊5,000円。国内送料は無料、海外送料は実費)
購入をご希望の方は事務局までご連絡下さい。

2013-02-19

資源地質学会では、シリトー博士著“EXPLORATION AND DISCOVERY OF BASE- AND PRECIOUS-METAL DEPOSITS IN THE CIRCUM-PACIFIC REGION- A 2010 PERSPECTIVE”を刊行しました。[購入申込書:和文英文

2013-02-19

学会からのお知らせ
日本鉱業振興会「海外地質巡検・海外鉱床調査実施者助成」の募集のお知らせ

一般財団法人日本鉱業振興会より,平成26年度「海外地質巡検・海外鉱床調査実施者助成」募集のお知らせが来ております。

詳しくはこちらをご覧ください。

2014-05-28

資源地質学会第64回年会学術講演会のお知らせ
資源地質学会会員各位
資源地質学会行事委員会

2014年度の年会学術講演会は6月25日(水),26(木),27日(金)に東京大学小柴ホールで開催されます。
25日(水)の13時00分より独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) との共催で、シンポジウム "白金族−探査,開発および研究−  "を開催します。
皆様ふるってご参加ください。
年会プログラムはpdf版をダウンロードしご覧下さい.
講演を予定されている方は,プログラムにて御講演時間をご確認下さい.

講演者への連絡事項
(各講演に関する準備等)
〇シンポジウム講演について
講演時間等,留意事項は該当者に個別に連絡済.

〇一般口頭講演について
講演時間は各25分です(質疑応答も含む).
(講演終了5分前に一鈴,2分前で二鈴,終了で三鈴となります.)
講演用パワーポイント(ppt)ファイルを,USB等で早めに会場係(PC担当)に渡し,会場のPCにインストールしてもらって下さい.
御講演セッションの一つ前のセッションが始まるまでにインストール完了となること,出来る限りお願い致します.
(9/26早朝および9/27早朝セッションの場合は,なるべく前日の夕方までにインストールしてもらって下さい.)

〇ポスター講演について
パネルサイズ(横90cm, 縦180cm)用のポスターをご準備下さい.
枚数は1です.
画鋲等は事務局で用意します.
6/26 11:45から6/27 15:00まで掲載出来ます.
コアタイム:6/27 10:30~12:30

〇学生講演賞,ベストポスター賞
学会期間中に学会賞審査委員により,学生による口頭講演およびポスター講演を対象として,学生講演賞1件が選ばれます.
また同委員により,全ポスター講演を対象として,ベストポスター賞1件が選ばれます.
2014-05-22

平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞候補者及び若手科学者賞の推薦について

文部科学省では、平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞候補者及び若手科学者賞について募集をしております。詳しくはこちらのPDF または こちら (平成26年05月15日) をご覧ください。なお、候補者については学会事務局までお知らせ下さい。
(7月中旬頃まで)

2014-05-17

平成26年度「資源・素材塾2014」参加者募集のお知らせ

資源地質学会会員の皆様

資源・素材教育センターより、平成26年度「資源・素材塾2014」参加者募集を添付の通り実施するとの連絡を受けました。
(本募集は昨年までの募集事業「資源・素材夏季集中合宿講座」および「国内外鉱山・製錬所等研修」に相当します。)

本講座は、全国の大学院生・大学生を対象に、金属鉱物、石灰石、石炭などの鉱物資源の開発から非鉄金属の製・精錬、素材の製造に至る一連の技術に加え、資源循環(リサイクル)、環境保全、資源経済も含む全体像について、この分野の最前線で活躍する第一人者から学ぶ機会を提供し、加えて、国内外の鉱山・製錬所等の研修を実施し,現場を体験する機会を提供します。

応募資格は,基本的に学部3年生から大学院修士1年生です。

本講座に昨年度から資源地質学会も共催として携わっております。
応募の際には、下の募集案内(pdf)および講座時間割(pdf)を確認の上、エントリーシート(.xls)に必要事項を記入し、指導教官(あるいは学内の担当教員)から資源・素材学会事務局宛にお送り下さい。

201405_資源素材塾2014_受講生研修生募集案内.pdf
201405_資源素材塾2014_合宿講座プログラム案_20140428.pdf
201405_平成26年エントリーシート.xls

=====
★重 要★
【エントリーシートは1枚目のみPCにて入力し、エクセルファイルにてお送りください。
2枚目以降は、手書きにてご記入の上、郵送またはPDFファィルにてお送りくださいますよう、お願いいたします】
=====
その後,資源地質学会 研究助成審査委員会での審査を経て、資源・素材教育センターに参加者を推薦いたしますのでご了承ください。

よって審査の都合上,資源地質学会関係の応募者の申込受付期間は、添付の資源・素材教育センターからの募集通知と異なり、
=====
申込受付期間:4月28日(月)~5月12日(月)17時必着
=====
といたしますので,ご注意ください。

資源地質・探査関係の若い学生の皆様の積極的な応募を期待しています。
なお、昨年度の報告書が資源地質64巻1号に掲載されておりますので、参考にして下さい。

2014-05-09

2014年度資源地質学会若手研究委員会のご案内

若手研究委員会は資源地質学会の若手会員間の交流の促進,資源地質学会の活性化への貢献を目的として活動を続けております.

具体的な活動内容としては,若手会員を主体とする巡検を企画,実施しております.また,他の学会年会の機会なども利用して,若手会員の就職などに関する情報交換や資源地質学会の活性化のための議論の場を持つように努めております.

若手研究委員会の詳細や入会時連絡先についてはこちらのPDFをご覧ください.

2014-04-04

2014年度資源地質学会年会講演募集のお知らせ

2014年度年会学術講演会を下記の予定で開催いたします.学術講演会は一般講演とポスターセッションを行ないます.講演は2・3日目の2日間,シンポジウムと学会賞表彰式,懇親会は1日目を予定しております.例年通り学生講演賞,ベストポスター賞を設けますので奮ってご応募下さい.

なお,2014年度地球惑星科学連合大会は,4月28日(月)~5月2日 (金) に,神奈川県 パシフィコ横浜にて開催されます( http://www.jpgu.org/meeting/).こちらも資源地質学会提案のセッションがございますので,皆様の積極的な参加をお願いいたします.

  • 期日: 2014年6月25日(水)~27日(金)
    場所:東京大学小柴ホール

講演申込:下記の申込要領(題目,氏名・所属,内容紹介)にしたがい,行事委員会宛に E-mail にてお申込下さい.申し込みをされた方には受け取りメールを送ります.受け取りメールが届かない場合は事務局にご連絡ください.
申込締切:2014年4月18日(金) 必着 (更新しました。奮ってご参加下さい)


講演要旨:執筆要領にしたがいE-mailの添付書類(基本はワードファイル)にてお送り下さい.事務局での編集作業は原則行わずにそのまま印刷しますのでフォーマットを守ってください.フォーマットは下のリンクからダウンロードしてください.ダウンロードできない場合は学会より送付します.
2014年度資源地質学会年会講演要旨作成要領
(注) 添付ファイル名には必ず筆頭講演者名を入れて下さい.要旨が提出されない場合は, 題目と名前のみ,あとは空欄で掲載されます.
提出締切:2014年5月9日(金) 必着

提出先:  資源地質学会行事委員会 E-mail : shigen.nenkai@gmail.com
(注) 本メールアドレスは昨年度のものとは異なります.また,混乱を避けるため,通常のアドレスとは違いますのでご注意ください.

 
※※ 2014年度資源地質学会年会講演申込要領 ※※

  1. 題目:和文の場合は35字以内
  2. 氏名:(連名の場合は原則として筆頭者を講演者とする)
  3. 所属:わかる範囲で略記して下さい.
  4. e-mail:筆頭者のアドレスでない場合はその旨を記入して下さい.
  5. 希望種目:1, 2と番号を入れる. [1 . 一般講演 2 . ポスターセッション]
  6. 大学の学部, 大学院の修士, 博士課程に正規に在学中の学生で, 筆頭講演者として口頭発表ないしポスター発表を行う者は, 学生講演賞の対象となります. 対象となる講演は, 学生講演賞対象と記述下さい.留学生などの場合,周囲の方が周知するようにお願いします.
2014-04-11

地球惑星科学連合2014年大会のご案内

地球惑星科学連合2014年大会(4/28-5/2,神奈川県 パシフィコ横浜)において、資源地質学会が提案母体となって以下のセッションが開催されます。
皆様の積極的な講演申し込みをお願いいたします。

予稿投稿期限は
早期投稿締切は2013年2月3(月) 24:00(¥3,000/1件)、
最終投稿締切は2013年2月12日(水) 正午12:00(¥4,000/1件)
です。(図の掲載はどちらも別途¥500/1件)

http://www.jpgu.org/meeting/submission.html
より投稿してください。

なお、今大会ではポスター発表を希望する場合、ポスター会場でのポスター掲示説明の他に、口頭発表会場での3分間の概要説明も実施することができます。

+++++

S-RD45 資源地質学の新展開: 地球環境変動と元素濃集
コンビーナ
星野 美保子(産業技術総合研究所)
山岡 香子(産業技術総合研究所)
野崎 達生(海洋研究開発機構)
高橋 亮平 (秋田大学)

始生代から現世まで、多様な頻度分布で鉱床は形成されており、その成因及び品位は、プレートテクトニクス,火成活動や気候などの地球環境変動と密接に関連する。近年、これまで分析が困難であった遷移金属元素の安定同位体比組成を用い、鉱床における元素濃集過程やそれに関連した地球環境変動を明らかにする試みがおこなわれており、新しい視点および手法による研究の進展が期待される。本セッションでは、鉱床の成因に関する講演について分野を問わず広く募集し、活発な議論の場を展開したい。それ故、基礎的な元素や鉱物単位から総合的な地質構造や気候変動に至る様々なスケールにおける元素濃集過程に関する研究、新しい分析手法の開発やその応用に関する研究を歓迎する。

+++++

2014-01-09

2014年度資源地質学会役員選挙のお知らせ

資源地質学会では、2014年度資源地質学会役員選挙を開始しました。

今回の選挙では,会長の信任可否,評議員10名以内の連記と,監事1名の信任可否を行ないます。学会にメールアドレスを登録しておられる会員の方にはEメール(オンライン投票)で、その他の会員の方には郵送にして選挙のお知らせを送付しているところですが、万一不達が疑われる場合には学会事務局までご連絡下さい。

投票締め切りは平成26年1月15日(水)です。よろしくご協力をお願いいたします。

2013-12-26

資源地質学会「海外鉱床調査支援」助成希望者の募集案内

資源地質学会会員 各位

資源地質学会「海外鉱床調査支援」助成希望者を募集いたします.

本制度は,卒業論文,修士論文,博士論文に関連して海外の非鉄金属鉱床や関係する地質の調査,研究を2014年2月から9月の間に実施する本学会の学生会員を対象に、海外渡航費などを支援する趣旨です.
応募を希望される方は,添付の所定申請書に必要事項(渡航目的,渡航場所など)をご記入の上,2013年12月25日(水)(必着)までに資源地質学会事務局(info@resource-geology.jp)あてにお送り下さい.

申請いただきました書類は,目的,計画,渡航経費の妥当性ならびに人材育成の観点から本学会特別基金運営委員会において審査され,評議員会の承認を得て採択が決定されます.
審査結果は,2014年1月に通知する予定です.

- 募集要項 -

(1)対象者:卒業論文,修士論文,博士論文に関連して海外の非鉄金属鉱床や関係する地質の調査,研究を実施する本学会の学生会員.論文1件について,日本鉱業振興会あるいは本学会より1回の助成を受けることができます.

(2)補助金額:一人10万円以内とします.

(3)補助対象経費:海外渡航費(国内交通費を含む),海外渡航に必要な諸経費(ビザ発行費等),宿泊費,海外フィールド調査関連経費,傷害保険費(日当,食費,会食費等は除く)

(4)手続き:応募書類(様式1: 渡航目的,渡航場所,渡航期間,推薦所見,調査研究計画,渡航経費明細などを記述),履歴書(様式任意)を提出して下さい.推薦所見は指導教官が記述して下さい.
なお,適正な審査を行うために,A4 1枚の参考資料(書式自由)を添付してください.参考資料には,調査の目的・背景・内容の補足説明,候補者の業績など審査にあたって参考になる事項をご記入ください.

(5)実施報告:調査研究渡航終了後,速やかに資源地質学会に終了報告書(様式任意)および収支決算書(様式2,申請書類に添付)を提出して下さい(計画変更の場合,助成金を返還又は精算して頂きます).研究の成果は資源地質あるいはResource Geologyに発表するようお願いいたします.また,資源地質に報告を掲載する予定です.

- 申請書類 -

様式1 : 候補者推薦書別紙様式.doc
様式2 : 資源地質海外鉱床調査支援収支予算書書式.doc

2013-10-30

資源地質学会のメールアドレスの変更について

2013年2月1日に学会事務局のメールアドレスを以下の通り変更致しましたので、ご登録変更方、よろしくお願いいたします。

【新メールアドレス】
info@resource-geology.jp

(2013.02.01)

2013-05-13

「資源地質」投稿規定の改正について

学会誌「資源地質」の投稿規定を改正しました。詳しくは 出版物のページ をご覧下さい。

(2012.07.03)

2013-02-19

役員・委員名簿の更新について

資源地質学会 2012年度 役員・委員名簿 を更新いたしました。

(2012.04.24)

2013-02-19

運営規則の改正について

資源地質学会 運営規則 を改正いたしました。改正項目については こちら (pdf) をご覧下さい。

(2012.04.20)

2013-03-08

1997年刊行以前の「鉱山地質(旧字体含む)」及び「資源地質」掲載論文の著作権委譲について

資源地質学会では1998年に投稿規定を改訂し、改訂以後に「資源地質」に掲載された論文につきましては、著作権を学会に帰属させて頂いております。詳しくは PDF をご覧下さい。

(2009.09.01)

2013-03-08


RESOURCE GEOLOGY - Wiley Online Library

Resource Geology